法的通知

バイオダイナミックスオステオパシーと出会ったのは20年前でした。

健全が持つ力とダイレクトなコンタクトを可能にしてくれるのは、これだ、と直ぐに直感しました。

2006年のコロンビアでの人道的体験を通して、このバイオダイナミックスオステオパシーは、慢性疾患、トラウマ、心身症、環境に関連した行動障害に効果的に対処できると実感しました。

これがどのように機能しているのか探るため、ほぼ全ての代替薬の研究をしてきましたが、特に、シャーマニズムにおける医療の研究を行ってきました。

 

非常に根深い問題に対して、何故、これらの医療がこれほどまでに効果的であるのか?

病気の基となる起源が埋もれている時空に私達の意識を導くからではないでしょうか。

病気は、私達が住んでいる生態系が調和していないときに発生します。

量子物理学は、身体、精神そして環境の相互作用を非常に適切に解説しています。

 

バイオダイナミックスオステオパシーの施術者は、患者に触れることで患者の環境そのものになります。

私は、自分の見識(バイオダイナミックスオステオパシー、シャーマニズム、量子物理学、神経科学)の関連を理解し、そこからシンプルで独創的で効果の高い施術を引き出すことにこれまで専念してきました。

何百回にも渡り、患者に施術を行っており、非常に良い臨床結果が得られています。

2012年より、フランスそして海外で、私が提案する教育法の作成と実践を行っています。

                                                     

 Pascal Anselin